外壁塗装で茶色にするメリット・デメリット

外壁塗装を行うとき、茶色を選んだ際、メリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

茶色にすると外見もとてもおしゃれで良いですよね。

この色にしたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

茶色と言ってもいろいろな種類があるのです。

実際にどのタイプのものを選んだら良いのか、茶色を選ぶにはどのようなメリットがあるのか、デメリットも含めて詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

外壁を茶色にするメリット

外壁を茶色にするメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?

茶色にするメリットは

・汚れが目立ちにくい。

・落ち着いた外観を保てる。

・他の色と合わせやすい。

ということが挙げられます。

汚れが目立ちにくい。

外壁の汚れは、常に付き物で、砂埃や、カビ、埃、雨の筋などがあげられます。

黒などの色にすると目立ってしまいますが、その点茶色なら汚れが目立ちにくくなるのです。

茶色でも明るめの色を選ぶと良いでしょう。

落ち着いた外観を保てる

茶色の外観にすると、とても落ち着いた雰囲気にすることができるのです。

周りのお家とも調和を取りやすくなり、溶け込みやすくなりますよ。

茶色って木や、土を思わせる色としてアースカラーとも呼ばれているのです。

同じ茶色でも明るいものを選べば、洋風的な可愛らしい感じになり、また暗い色の茶色を選べば、重厚な感じに仕上げることも可能なのです。

他の色と合わせやすい。

茶色って他の色とも合わせやすい特徴がありますよ。

どの色とも相性が良くて馴染みやすいです。

よく人気なのは、一階部分に濃い茶色を持ってきて、家全体を大きく見せる効果を狙う人が多いのです。

外壁と茶色にするデメリット

外壁塗装に茶色を使うとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

デメリットとしては、

・ツヤが目立ってしまう。

・室内の温度が上がってしまいやすい。

ということが挙げられます。

ツヤが目立ってしまう。

外壁塗装に濃い色を選んでしまうと、ツヤが目立ってしまうデメリットがあります。

茶色だけでなく、他の色も同じことが言えるので注意しましょう。

ツヤを消す塗料を使うこともできますが、それを行うと、耐用年数を短くさせてしまう可能性もあります。

さらに汚れも目立ちやすくなってしまうので気をつけてくださいね。

もし、マットな質感にしたいと思ったら、ツヤなしのものを選ぶか、3分のツヤを選ぶと良いですよ。

室内の温度が上がってしまいやすい。

茶色を選ぶと室内の温度を上げてしまう可能性もあります。

特に、日当たりの良いお家の場合で濃い茶色の外壁塗装を選んだ時に考えらるデメリットです。

外壁材の種類によっては、壁を触るだけでも火傷をしてしまう可能性も出てくるので小さな子供がいるお家では要注意なのです。

茶色でも特に濃い茶色を選ぶと熱を蓄えてしまうので、暑い夏場は室内の温度が上がってしまうということがあります。

そうすると、エアコンの使用度が増え、電気代もかさむということも起こります。

できるだけコストを下げたいと思ったら、熱の吸収率を下げる方法としては、断熱材を使うことです。

遮熱性の高い塗料を使用することでも多少は防げますよ。

自分のお家の日当たりの具合を考えながら、外壁塗装をしてくださいね。

茶色を使用する際は、いろいろな茶色の色が存在します。

カラーサンプルを見て検討するのも良いでしょう。

その時に注意してほしいことは、色は面積によっても印象が変わるので、実際のものと違ったなんてこともありうるのです。

広い面積で見たら、明るい色が明るく、暗い色はより暗く見えるという性質もあるので気を付けてくださいね。

塗った後で、後悔してしまったり、もう一度塗り直すなんてことになったら大変です。

後で後悔する前に、実際のお家の外観にカラーシュミレーションをお願いすると良いでしょう。

コンピューター上でそれが可能ですよ。

実際のお家の写真を撮ってパソコンに取り込んで試してみてくださいね。

ある程度のイメージを考慮することができるのでおすすめです。

まとめ

外壁塗装を茶色にする場合のメリットとデメリットをご紹介いたしました。

メリットは

・汚れが目立ちにくい。

・落ち着いた外観を保てる。

・他の色と合わせやすい。

デメリットは

・ツヤが目立ってしまう。

・室内の温度が上がってしまいやすい。

です。

それぞれを考慮しながら、しっかり選んでみてくださいね。

実際のお家にどのような色が適しているか、周りとの環境とも調和が取れる色かもしっかり考えましょう。

濃い茶色を選ぶ際には、日当たりの関係で、熱を蓄え、室内の気温が上昇したり、素材によって外壁の部分が熱を持ち、火傷の危険性も含んでしまうことを頭に入れておきましょう。

茶色は、他の色とも組み合わせやすく、汚れが目立ちにくい色です。

茶色を選んだらメリット、デメリットを考えた上で、お家にピッタリの色合いを選んでみてくださいね。

簡単に安くて優良な外壁塗装業者を見つける方法

外壁塗装業者を安く行いたいなら、複数の業者の見積もりを取ることをおすすめします。

外壁塗装業者によって施工費用は全く異なります。

例えば

業者A:95万円
業者B:75万円
業者C:88万円

もし業者Aだけにしか見積もりを依頼していなかった場合20万円以上も高い費用を払うことになります。

もったいないと思いません?

これから紹介する一括見積サイトを使うことで、厳選された優良業者の見積もりを複数取ることができます。

楽に優良な外壁塗装業者に安く依頼することができます。

無料で使えるので外壁塗装業者を探しているなら、試しに使ってみてください。

外壁塗装の窓口

  • 簡単10秒!匿名無料で相場が分かる
  • 厳しい審査を通過した優良業者のみ紹介してくれる
  • 複数の業者の見積もりを比較することで簡単に費用を安くできる
  • 契約が決まった時には他社の断り代行制度あり
  • 希望に合わなければ断ってもOK!キャンセル料も一切かからない

↓ひとまず匿名無料で相場を調べませんか?↓


複数の一括見積サイトを使えば、もっと安くできる

一括見積サイトごとに参加している業者が異なるので複数の一括見積サイトを使うことで、より安い値段で外壁塗装ができます。

例えば、1つだけの場合

  • A社:97万円
  • B社:110万円
  • C社:85万円

2つ目を使った場合

  • D社:75万円
  • E社:120万円
  • F社:98万円

このように2つ目の一括見積サイトの中に最安値でやってくれる業者がいることもあります。

たくさんの業者に見積もりを出してもらうのは面倒かもしれません。

しかし、たったそれだけのことで10万円以上安くなるならやってみた方がいいと思いませんか?

外壁塗装は決して安い買い物ではないので、賢く外壁塗装を行うためにもこちらの一括見積サイトも使ってみてください。

プロヌリ

  • 無料で見積もり複数の見積もりが取れる
  • 1社1社丁寧に審査しているので優良業者のみ登録されている
  • 相談員があなたの要望に適切な業者を紹介してくれる
  • 全国700社の優良塗装業者の中から

↓無料一括見積はこちらから↓

リショップナビ

 

  • 厳しい審査をクリアした質の高い業者が揃っている
  • コンシェルジュがあなたにぴったりの業者を紹介してくれる
  • 安心リフォーム保証制度で万が一の損害があっても保証してもらえる

↓無料一括見積はこちらから↓

.

 

外壁塗装について
外壁塗装情報局
タイトルとURLをコピーしました