外壁塗装をやりたくない!放置するとどうなるのか?

外壁塗装をしなくてはいけないとよく耳にすると思うのです。

でも、お金は高いしできればやりたくないと思う方もいるのではないでしょうか?

そのまま放置しても何も問題なさそうだし。

まぁいいかと安易に考えている方も。

でも放置するとどうなるのでしょうか?

そのままほったらかしでも可能なのでしょうか?

今回は、外壁塗装をせずに放置するとどうなるのか詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

外壁塗装をやらずに放置するとどうなるのか?

外壁塗装をしないで放置しているとどうなるのでしょうか?

いろいろ大変そうだし、お金もかかるしできればやりたくないと思っている方も多いでしょう。

外壁塗装をしないで放置すると次のようなことになりますよ。

* 外壁の部分にひびが入ってくる。

* 雨が壁に浸透し、内部が腐ってしまう。

* シロアリなどの被害に遭いやすくなる。

* カビや苔が生えてくる。

* いろいろな部分が劣化し、建物自体の耐久性が弱ってきて、地震などで倒壊する危険性がある。

というようなトラブルに結びついてしまうのです。

外壁の劣化は見逃すと大きなトラブルに発展してしまうので注意が必要なのです。

外壁の強化、家の保護のためにも定期的に外壁塗装をする必要があります。

詳しくみていくと、外壁の部分のひびや、亀裂から雨水などが入って壁の内部まで浸透してしまいます。そうすると腐ってしまったり、壁や床に穴が相手しまったりといろいろなトラブルに発展していってしまいます。

また、シロアリなどの害虫も入りやすくなり、被害も拡大してしまいますよ。

雨や風、紫外線などから外壁を守る役割もある塗料なので、それが劣化してしまうと、ダメージを受けやすくなるのです。

色があせ、見栄えも悪くなりますよ。

耐久性が弱まってしまうと、地震や災害など絵お家が傾いてしまったり倒壊してしまうという危険性も出てくるので気をつけましょう。

このようなことから、定期的に外壁塗装を行うことが重要になってくるのです。

外壁塗装をしなくてもよい壁があります。

それは、次の2つのみです。

レンガを使ってある壁とタイルで作ってある壁。

この2種類のものは、紫外線や雨水からも被害を受けにくく、耐性がとても強いので大丈夫なのです。塗装がなくても30年ぐらいは持つと言われています。

ただ、外壁塗装は必要なくても定期的にメンテナンスは必要になりますよ。

いずれにせよ、ずっと放置して良いということはありません。

外壁塗装はいつごろやった方がいいの?

外壁塗装はいつごろするのが良いのでしょうか?

どの塗料を使っているかによっても変わってきますが、目安としては10年から15年となっています。

使われている塗料によっても耐用年数が変わってきます。

ウレタン塗料     約6~10年

シリコン塗料     約8~13年

フッ素塗料      約13~20年

無機系塗料      約15~25年

となっています。

どの塗料を使っているか確認しておくと良いですよ。

常に日頃、自分のお家の外壁をコントロールしておくと安心です。

劣化の度合いによっては、10年待たずにしなくてはいけない場合もありますよ。

劣化の基準として

* 壁を触った時に白粉がついてこないかどうか(チョーキング)

* 壁の部分にひびが入っていないかどうか。

* 壁が変色していないかどうか。

* 壁に苔やカビが生えていないか。

* 色が褪せている。つやがなくなっている。

* 外壁が部分的に剥がれてきている。

というポイントをまずは自分で確認してみてくださいね。

この中でも特に、壁を触って白い粉がついてきたときや、ひび割れが起きている時は、すぐに外壁塗装をした方が良いでしょう。

それ以外のものは、急いでしなくてはいけないというわけではないので、経過観察でも大丈夫です。

でも、プロが判断するのと素人が判断するのでは全然違うので、ちょっとでも気になる時には、まずは信頼できる業者の方に相談してみましょう。

建物が建っている環境によっても左右されます。

劣化するスピードも変わってきますよ。

まとめ

外壁塗装をやりたくないけど、そのまま放置したらどうなるのかということを詳しくご紹介いたしました。

外壁塗装をしないで放置すると、家が倒壊の危険に晒されてしまいます。

お家を長く維持するためにも定期的な点検とともに外壁塗装が必要なのです。

外壁塗装を頻繁にしたくないというときは、耐用年数の長い塗料を使うと良いでしょう。

さらに長持ちする外壁材にしておくとなお良いですよ。

外壁は、常に紫外線、雨や風などに晒されておりどうしても劣化していってしまいます。

定期的にコントロールをし、常に壁を気にかけておけば些細な劣化を見つけることができますよ。

すぐに発見できれば自分でも修復することが可能です。

点検をし、ちょっとでも異変を感じた時は、すぐに信頼できるプロの業者の方に相談してみましょう。

外壁塗装をしないで放置してはダメですよ。

最終的に取り返しのつかないことになり、莫大な金額が必要になってしまうので注意しましょう!

簡単に安くて優良な外壁塗装業者を見つける方法

外壁塗装業者を安く行いたいなら、複数の業者の見積もりを取ることをおすすめします。

外壁塗装業者によって施工費用は全く異なります。

例えば

業者A:95万円
業者B:75万円
業者C:88万円

もし業者Aだけにしか見積もりを依頼していなかった場合20万円以上も高い費用を払うことになります。

もったいないと思いません?

これから紹介する一括見積サイトを使うことで、厳選された優良業者の見積もりを複数取ることができます。

楽に優良な外壁塗装業者に安く依頼することができます。

無料で使えるので外壁塗装業者を探しているなら、試しに使ってみてください。

外壁塗装の窓口

  • 簡単10秒!匿名無料で相場が分かる
  • 厳しい審査を通過した優良業者のみ紹介してくれる
  • 複数の業者の見積もりを比較することで簡単に費用を安くできる
  • 契約が決まった時には他社の断り代行制度あり
  • 希望に合わなければ断ってもOK!キャンセル料も一切かからない

↓ひとまず匿名無料で相場を調べませんか?↓

外壁塗装の窓口の公式ページはこちら

複数の一括見積サイトを使えば、もっと安くできる

一括見積サイトごとに参加している業者が異なるので複数の一括見積サイトを使うことで、より安い値段で外壁塗装ができます。

例えば、1つだけの場合

  • A社:97万円
  • B社:110万円
  • C社:85万円

2つ目を使った場合

  • D社:75万円
  • E社:120万円
  • F社:98万円

このように2つ目の一括見積サイトの中に最安値でやってくれる業者がいることもあります。

たくさんの業者に見積もりを出してもらうのは面倒かもしれません。

しかし、たったそれだけのことで10万円以上安くなるならやってみた方がいいと思いませんか?

外壁塗装は決して安い買い物ではないので、賢く外壁塗装を行うためにもこちらの一括見積サイトも使ってみてください。

プロヌリ

  • 無料で見積もり複数の見積もりが取れる
  • 1社1社丁寧に審査しているので優良業者のみ登録されている
  • 相談員があなたの要望に適切な業者を紹介してくれる
  • 全国700社の優良塗装業者の中から

↓無料一括見積はこちらから↓

プロヌリの公式ページはこちら

リショップナビ

 

  • 厳しい審査をクリアした質の高い業者が揃っている
  • コンシェルジュがあなたにぴったりの業者を紹介してくれる
  • 安心リフォーム保証制度で万が一の損害があっても保証してもらえる

↓無料一括見積はこちらから↓

リショップナビの公式ページはこちら

 

外壁塗装について
外壁塗装情報局
タイトルとURLをコピーしました