当サイトは広告を利用しています。

外壁塗装ってみんなやってるの?何年でやるのが普通?

外壁塗装 みんなやってる

外壁塗装ってどのくらいやるのが普通なのでしょうか?

普段からしょっちゅうすることではないので、わからないことも多いと思うのです。

みんながどのくらいの間隔でやっているのかも気になりますよね。

今回は、外壁塗装はどのくらいの間隔でやるのが普通なのか、みんなやっているのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

えっ!まさかこんなに安く外壁塗装ができるなんて!

一括見積をすることで80万円以上安く外壁塗装を行えたケースもあります。

匿名&無料で相場を調べることができるので、試しに使ってみてください。

外壁塗装の窓口の公式サイト

外壁塗装のメンテナンスを行う必要性

外壁塗装のメンテナンスを行う必要性はあるのでしょうか?

結論から言うと、お家を維持していくためにやらなくてはいけません。

でも、すぐにどうこうということはないのです。

メンテナンスをしなかったとしても、すぐに何かが起こることはないので、意外と簡単に捉えてしまう人も多いですよ。

でも長い年月でみると、劣化が徐々に進み、取り返しのつかないことまで起こりうるのです。

外壁は、常に雨や風、紫外線などの太陽の光にさらされているので、目に見えなくても、壁の色が落ちていたり、壁が剥がれたりと劣化が進んでいます。

思っている以上に外壁や屋根はダメージを受けているのです。

すぐに何か起こるわけではないのですが、徐々に進行し、気づいた時には遅かったということまでも可あり得るのです。

塗装にも寿命があり、年月が経つにつれて防水効果が薄れてきたりしてしまいます。

気づかないところにヒビがあったりするとその隙間から水も入り込んでカビや苔が生えてしまうこともありますよ。

はじめは大したことがなくても、徐々に奥深いところまで進んでいってしまい、外壁だけでなく、内部までも侵食してしまってダメになってしまうこともあるのです。

ひどい時は、家が倒壊してしまう危険にもなってしまうとか。

そうならないためにも定期的にメンテナンスは必要になってくるのです。

適切にメンテナンスをすることで、お家の寿命も延ばすことができますよ。

定期的にすれば、必要最低限のコストで抑えることも可能になってきます。

早期発見がとても重要なのです。

日頃から気にかけておく必要がありますよ。

外壁からの劣化のサインを普段から見逃さないようにしておきましょう。

みんな何年で外壁塗装をやっているの?

実際に何年単位で外壁塗装を行なっているのでしょうか?

外壁塗装は、お家の外観の見た目をきれいにするだけでなく、保護の意味もあるのです。

紫外線、雨、雪、湿気、シミやこけ、カビ、さび、埃などからも守る役割があるのです。

一般的に言われている時は、新築時から10年から15年と言われています。

使われている塗装によっては10年持たないこともありますよ。

外壁塗装の時期としては、前回してからどのくらい期間が経っているか、今現在の壁の劣化具合を見て判断することができます。

この劣化を見逃すと、お家の耐用年数を下げることになり不具合も大きくなり、修復費用がさらに多く掛かってくるというリスクがあるので注意しましょう。

早期発見できるように、いつも点検しておくと安心です。

年に2回ほど、外壁を点検することをオススメします。

点検のポイント

  • 壁に傷がついて穴があいてないか
  • ひび割れしていないか
  • 壁を触って粉がついてこないか
  • カビや苔が生えていないか
  • 塗膜が剥がれてきていないか
  • 壁が汚れ過ぎていないか
  • 壁の色が変色していないか
  • シーリングが割れていないかどうか
  • 塗膜の部分が膨れているかどうか

などを大まかに点検しておきましょう。

まずは、自分で簡単にチェックし、直せそうならば、その場で直しておくのもありです。

自分では無理そうだなと判断した時は、できるだけ早めに業者に相談してください。

日々の点検や、メンテナンスをしていれば、大事にもならないですし、その都度修復することができるので時間もかかりません。

外壁の素材によってもまた変わってきます。

木や鉄の場合は、3年ごとの塗り替え、壁なら8年ごとと思っておくと良いでしょう。

この年数は目安に過ぎません。

日々、点検して、その都度補修し、そろそろかもと思ったら、外壁塗装をお願いしましょう。

外壁塗装の窓口を使うことで安く外壁塗装を行えます。

外壁塗装の検討をしているならとりあえず見積もりだけでも取ってみることをおすすめします。

↓匿名・無料で相場を調べてみる↓

外壁塗装の窓口の公式サイト

まとめ

外壁塗装を何年ごとすれば良いのか詳しくご紹介いたしました。

使われている塗料や材質によって多少前後しますが、目安としては10年から15年ぐらいと言われています。

日々、こまめに1年に2回ほど壁を点検しておくと安心ですよ。

その都度、補修しておけば大事に至らず、長くお家も持たせることができます。

大掛かりな仕事として10年目としても、大きな出費がさらに掛かってくるということがなくなります。

日頃から定期的にコントロールしておくことがとても大事ですよ。

ちょっとでも、気になることがあれば、10年を待たずして業者の方に相談してみましょう。

耐用年数が長い塗料はお値段高くなりますが、それだけ外壁を長期間守ってくれるというメリットはありますよ。

外壁塗装はお家を守るためにもとても大切なことです。

定期的にコントロールして長持ちさせてくださいね。

簡単に安く外壁塗装を行える一括見積サイト「外壁塗装の窓口」

  • 簡単10秒!匿名無料で相場が分かる
  • 厳しい審査を通過した優良業者のみ紹介してくれる
  • 複数の業者の見積もりを比較することで簡単に費用を安くできる
  • 契約が決まった時には他社の断り代行制度あり
  • 希望に合わなければ断ってもOK!キャンセル料も一切かからない

↓ひとまず匿名無料で相場を調べませんか?↓

外壁塗装の窓口の公式ページはこちら

外壁塗装について
外壁塗装情報局
タイトルとURLをコピーしました