一戸建ての外壁塗装の剥がれでも火災保険は使える?

一戸建ての外壁塗装が剥がれた時って、火災保険が使えるのかどうか気になりますよね。

保険が適応できればそれはとても助かることです。

でも、外壁塗装に火災保険!?って多くの人が不思議に思うかもしれません。

保険適用の条件をしっかりクリアしていたら、火災保険って使えるのです。

今回は、火災保険がどのように適応されるのか詳しくご紹介いたします。

外壁塗装の剥がれでも火災保険は使える?

外壁塗装と火災保険、イメージ的にはなんか違うような気がしませんか?

特殊な場合だけでどうせダメでしょう。

と諦めている人もいるかもしれませんが、実は、ちゃんと適応するので、見逃してはいけません。

適用の条件をクリアしていれば、保険で外壁塗装を行うことが可能なのです。

一戸建ての火災保険には次のものがありますよ。

・住宅火災保険

火災、水災、落雷、風災、雹災などの基本的な自然災害が補償対象。

外壁塗装工事に利用されることが多いタイプ。

・住宅総合保険

住宅火災保険に盗難、いたずら、漏水、不注意による破損などの補償が保険に加わっている。外壁塗装工事に利用される。

・オールリスクタイプ

住宅火災保険や住宅総合保険よりも暴行や騒じょうによる破壊など広い範囲の内容に対応できるようになっている保険。

・特約火災保険

住宅金融支援機構などから融資を受けて住宅を購入した時に入る火災保険。

などがあります。

これらのいずれかの火災保険に加入していれば、外壁塗装を保険で行うことができますよ。

火災保険の補償項目で次のものが含まれているかどうか確認しましょう。

・火災、落雷、破裂、爆発

・落雷、ガス漏れによる爆発の損害

・台風、暴風などの風災や雹災による損害

・水災

・水漏れ

・盗難や自動車による飛び込みなどの損害

・破損事故、汚損事故など

これらの条件に含まれると保険がおります。

外壁塗装の剥がれで火災保険を適用するには、災害による劣化と診断された時のみ火災保険が使えるのです。

故意に壊した場合には適応されませんよ。

火災保険を使って外壁塗装を行う条件

火災保険を使って外壁塗装を行う条件には次のものがありますよ。

・災害によって外壁塗装の修理が必要になった場合。

災害によって屋根や壁などの塗装が必要になった時のみ保険が適用されるのです。

人災や自然災害などで被害を受けた時のみです。

水害や地震で被害を受けた場合はまた違ってきます。

同じ水害でも、大雨が降って床上浸水や、土砂崩れが起きて外壁が壊れたり腐ったりしてしまった時などは、火災保険で認められます。

雹が降って、外壁を傷つけたとか、穴が空いた時も適用されます。

人災も含まれている火災保険に加入していれば、例えば子供が蹴ったボールで壁の塗装が剥がれた場合にも適応されるのです。

・剥がれたのは3年以内の時。

被害を受けてから、3年以内のみしか適応されないので注意しましょう。

5年すぎてから言ってもダメですよ。

火災保険を適応してもらいたいと思ったら、早めに修理するようにしてください。

自費で既に工事をしてしまった後でも、3年以内の工事なら、申請することができますよ。

・補修工事の見積もりの金額が火災保険の免責額を超えた時。

免責額が一般的に20万円ぐらいになっている場合がほとんどです。

この金額を超えた時のみ、保険が適応されます。

下回った時は、実費になってしまうので注意しましょう。

保険を利用したいと思ったら、この金額を超える時のみと覚えておいてくださいね。

この3つの条件に当てはまるとき、火災保険で外壁塗装することが可能になります。

経年劣化や老化での劣化の場合は、どんな保険も適応されません。

火災保険が適用されないケースはこちら。

・外壁や屋根の破損した部分の原因が、経年劣化によるもの。

・外壁や屋根の破損した部分の原因が、人的に壊された場合。

・外壁や屋根の破損した部分の原因が、施工の不良によるものの場合。

この3つに当てはまる場合は、火災保険はおりません。

外壁塗装を火災保険で行いたいときの申請の流れは次のようになります。

1. 業者の人に破損箇所を見てもらう。

2. 見積書を出してもらう(工事が必要な時)

3. 保険会社に申請する。

4. 保険会社の指示に従って申請書類を用意する。

5. 必要書類を保険会社に送る。

6. 鑑定人がお家にきて、調査。補償金額及び、受給可能かどうかを決める。

7. 受給が決定し、保険金が支払われる。

と言うような流れになっています。

保険金が支払われる場合は、保険金の請求手続きが終わった日から30日以内に支払われます。

まとめ

一戸建ての外壁塗装の剥がれでも火災保険は使えるのかどうかご紹介いたしました。

・外壁、屋根の破損が災害によるもの

・被害を受けてから3年以内のもの

・工事費用が火災保険の免責金額を超えているもの。

この3つの適用の条件が揃っていたら、必ず火災保険はおります。

火災保険を使って外壁塗装の修復をすることができるので、ぜひ申請してみてくださいね。

これだと、ダメかもと自分で判断せずに、まずは、業者の人と相談してみましょう。

思わぬことで見逃していたなんてこともあるので、気をつけてくださいね。

諦める前に、まずは相談してみましょう。

簡単に安くて優良な外壁塗装業者を見つける方法

外壁塗装業者を安く行いたいなら、複数の業者の見積もりを取ることをおすすめします。

外壁塗装業者によって施工費用は全く異なります。

例えば

業者A:95万円
業者B:75万円
業者C:88万円

もし業者Aだけにしか見積もりを依頼していなかった場合20万円以上も高い費用を払うことになります。

もったいないと思いません?

これから紹介する一括見積サイトを使うことで、厳選された優良業者の見積もりを複数取ることができます。

楽に優良な外壁塗装業者に安く依頼することができます。

無料で使えるので外壁塗装業者を探しているなら、試しに使ってみてください。

外壁塗装の窓口

  • 簡単10秒!匿名無料で相場が分かる
  • 厳しい審査を通過した優良業者のみ紹介してくれる
  • 複数の業者の見積もりを比較することで簡単に費用を安くできる
  • 契約が決まった時には他社の断り代行制度あり
  • 希望に合わなければ断ってもOK!キャンセル料も一切かからない

↓ひとまず匿名無料で相場を調べませんか?↓


複数の一括見積サイトを使えば、もっと安くできる

一括見積サイトごとに参加している業者が異なるので複数の一括見積サイトを使うことで、より安い値段で外壁塗装ができます。

例えば、1つだけの場合

  • A社:97万円
  • B社:110万円
  • C社:85万円

2つ目を使った場合

  • D社:75万円
  • E社:120万円
  • F社:98万円

このように2つ目の一括見積サイトの中に最安値でやってくれる業者がいることもあります。

たくさんの業者に見積もりを出してもらうのは面倒かもしれません。

しかし、たったそれだけのことで10万円以上安くなるならやってみた方がいいと思いませんか?

外壁塗装は決して安い買い物ではないので、賢く外壁塗装を行うためにもこちらの一括見積サイトも使ってみてください。

プロヌリ

  • 無料で見積もり複数の見積もりが取れる
  • 1社1社丁寧に審査しているので優良業者のみ登録されている
  • 相談員があなたの要望に適切な業者を紹介してくれる
  • 全国700社の優良塗装業者の中から

↓無料一括見積はこちらから↓

リショップナビ

 

  • 厳しい審査をクリアした質の高い業者が揃っている
  • コンシェルジュがあなたにぴったりの業者を紹介してくれる
  • 安心リフォーム保証制度で万が一の損害があっても保証してもらえる

↓無料一括見積はこちらから↓

.

 

外壁塗装について
外壁塗装情報局
タイトルとURLをコピーしました